/

この記事は会員限定です

中分子医薬、患部への到達効率に課題

[有料会員限定]

中分子医薬への関心は高まっている。文部科学省などは2015年度から、中分子医薬の開発につながる研究を支援する5カ年の事業を始めた。中外製薬は16~18年の中期経営計画で、ペプチドなどを用いた中分子薬の開発を重要テーマの一つに掲げている。

中分子医薬の応用を広げる研究も始まっている。慶応義塾大学の土居信英准教授らは、中分子医薬などのたんぱく質を細胞の中に効率よく届ける技術を開発した。人の胎盤ができるときに働...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り202文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン