/

この記事は会員限定です

点検 世界のカジノ(上)ラスベガス、ライブ・会議で潤う

マカオ、「反腐敗」中国客遠のく

[有料会員限定]

統合型リゾート(IR)整備推進法が成立し、日本に登場する道筋がついたカジノ。世界ではアジアを中心に解禁する国が増え、世界の市場規模は1500億ドル(約17兆7千億円)前後に達した。本場の米国では周辺産業も含め発展が続く一方、アジアの雄であるマカオは中国の反腐敗運動で失速。代わってシンガポールなど新興国が勢いを増している。

専門の調査会社グローバル・ベッティング・アンド・ゲーミング・コンサルタンツに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン