新しい哲学 沼野恭子

2016/12/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

昨年ノーベル文学賞を受賞したベラルーシのロシア語作家スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチが、先月来日した。世界中を飛びまわる多忙な日々の合間を縫っての短い滞在だったが、インタビューに答え、福島の被災地を訪れ、東京外国語大学で名誉博士号を受け、そして数々の感銘深い言葉を残して去った。

私は、招聘(しょうへい)責任者のひとりとしてアレクシエーヴィチ訪日の準備に関われただけでなく、日本滞在中彼女と多くの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]