/

この記事は会員限定です

手数料にメス 謎の内訳(上)国際送金「高くて遅い」

フィンテックで革命も

[有料会員限定]

「いくらになるか、いつ着金するか申し上げられません」。12月、都内の大手銀行窓口。ある男性会社員が海外送金の手数料を聞いても、行員は気まずそうな表情ではぐらかすだけだった。

不明な点ばかり

この大手銀行の送金手数料は窓口で申し込むと1件当たり定額の6千円。そこからさらに「リフティングチャージ」なる中継料金がかかる。国際送金はグローバルな金融機関が中継ぎするため、その分の手数料がかかるという。送金額の0.05%で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1000文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン