沿線自治体負担「現行ルールで」 北陸新幹線巡り大阪知事

2016/12/22付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

大阪府の松井一郎知事は21日の会見で、与党プロジェクトチーム(PT)が決めた北陸新幹線の敦賀(福井県)以西ルートの建設費について「(沿線自治体の負担は)ルールに基づくべきだ」と述べた。自治体の中には関西広域連合などで再び議論するように望む意見も出ていたが、松井知事は再議論の必要性を認めなかった。

整備新幹線はJRの貸付料などを除くと国が3分の2、自治体が3分の1を負担することにな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]