/

この記事は会員限定です

世代間の意識差 鮮明

本社調査から 現行制度の不満では一致

[有料会員限定]

日本経済新聞社とNTTコムオンライン・マーケティングソリューションが共同で実施した意識調査では、社会保障制度に対する世代間の意識の違いが浮き彫りになった。社会保障の負担額と給付額に差が出ることについて、若い世代では「不公平」との声が多かったが「やむを得ない」は年代が上がるにつれて増え、60歳以上では4割弱に上った。一方で給付水準を今後維持できないと答えたのは各世代とも8割前後に達し、改革が必要と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン