/

この記事は会員限定です

ダム撤去清流復活

熊本・球磨川 生物の種類7倍に

[有料会員限定]

日本三大急流として知られる熊本県の球磨川で、水力発電用に造られたダムの撤去工事が進んでいる。役割を終えたダムが取り壊されるのは全国で初めてという。工事開始から丸4年が過ぎ「みお筋」と呼ばれる本流が約60年ぶりに復活。流域から姿を消していた生き物が帰ってきている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン