広がるポピュリズム(下)トランプ現象 米歴史に前例
二大政党「運動」吸収し変容 津田塾大学教授 西川賢 

2016/12/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 ドナルド・トランプ氏が第45代の米国大統領に選出された。彼を大統領に押し上げた「トランプ現象」はポピュリズム(大衆迎合主義)の典型だといわれることが多い。しかし、トランプ現象のような政治運動・社会運動が高揚して二大政党に影響を及ぼすことは、米国政治においてそれほど特異なことではない。

 歴史的に政治運動や社会運動が二大政党内部に入り込んで、影響力を発揮した例は多数存在する(表参照)。1930年代に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 24日 21:30
23日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報