インタビュー 上田岳弘

2016/12/12付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

新潮新人賞でデビューした際、作品の掲載の後に恒例で掲載されるインタビューを受けた。僕は所属している会社で広報を担当しているから、新聞社や出版社の方を会社にお招きして、インタビューを受ける機会も多かった。そういう場には慣れていたが、取材を受けるのは社長であったり、製品開発のリーダーであったりして、僕自身は黒子に徹してきた。口を挟むのは、自社がアピールしたい部分に関心を向けてもらうための手助け程度だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]