/

この記事は会員限定です

インタビュー

上田岳弘

[有料会員限定]

新潮新人賞でデビューした際、作品の掲載の後に恒例で掲載されるインタビューを受けた。僕は所属している会社で広報を担当しているから、新聞社や出版社の方を会社にお招きして、インタビューを受ける機会も多かった。そういう場には慣れていたが、取材を受けるのは社長であったり、製品開発のリーダーであったりして、僕自身は黒子に徹してきた。口を挟むのは、自社がアピールしたい部分に関心を向けてもらうための手助け程度だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン