/

この記事は会員限定です

助産師が「命の授業」

中学校 乳児と触れ合う

[有料会員限定]

未成年の自殺や他者の生命を軽んじた凶悪事件が絶えない中、助産師が命の尊さを伝える「いのちの授業」に取り組んでいる。医師や闘病中の患者、災害や事故からの生還者など、いのちの授業には様々な人が協力しているが、助産師の場合は「誕生」に焦点を合わせた内容が特徴。子供たちに与える影響は大きく、自己肯定感を育む効果も期待されている。

「ハートに空いた針の先ほどの穴、これが命の始まりの大きさです」。10月中旬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン