/

この記事は会員限定です

酒税 ゆがみ是正

税制改正大綱 ビールは減税、発泡酒など増税 国内の消耗戦緩和へ

[有料会員限定]

2017年度税制改正では、10年後にビール系飲料などの税額を統一する道筋が決まった。税額が3種類に分かれるという特異な税体系が原因で値下げやシェア競争が過熱し、日本のビールメーカーは海外勢に大きく水をあけられた。酒税のゆがみが是正され、国内市場の消耗戦もある程度、緩和に向かうとの期待も強い。(1面参照)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン