2017年12月19日(火)

サティス製薬 サメ軟骨で化粧品原料 青森の会社と開発

2016/12/9付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

 化粧品受託製造のサティス製薬(埼玉県吉川市、山崎智士社長)はサメ肉加工を手がける田向商店(青森市)と共同で、青森県沖でとれるアブラツノザメから化粧品原料の水溶性プロテオグリカン(PG)を開発した。

 開発したのは「ガイアログ プロテオグリカンSP」。アブラツノザメの軟骨から余分な成分を除去し、精製度を高めることで、PGの高い水分保持力などの機能性や化粧品中での安定性を向上させた。

 素材供給元となる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報