/

この記事は会員限定です

調理体験 幼少から、段取りを付ける能力アップ

試行錯誤し疑問解決/失敗しても褒めて

[有料会員限定]

台所で子どもに料理を手伝わせたい――。食の大切さや親子のコミュニケーションを密にするため、こう思う親は少なくないのではないか。ただ、包丁やコンロを使わせることにはためらいもある。それでも幼少から体験させることを勧めるのは料理研究家の坂本広子さん。科学的思考や段取りを付ける能力が高まるという。留意点を聞いた。

神戸市で幼児から小学生を対象に、40年前から料理教室を開いています。幼いころから台所で料理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン