帝人、炭素繊維 高性能品に特化 車向けは外部調達、中国台頭に先手

2016/12/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

帝人は炭素繊維のビジネスモデルを転換する。鈴木純社長が2日、自動車向けは自社生産にこだわらない方針を明らかにした。鉄より軽い炭素繊維は航空機に続き量産車にも近く採用され市場は急拡大する。だが車向けは中国勢が台頭する見通しで、帝人は自社生産は高性能品に特化して競争激化に備える。

「炭素繊維がもうかるというのは幻影だ」。鈴木社長はこう言い切る。炭素繊維を使った複合素材は車向けで2025年に14年比4…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]