/

この記事は会員限定です

小児肥満 新興国で深刻

中国、減量合宿 各地で メキシコ、緊急事態を宣言

[有料会員限定]

新興国で子供の肥満が深刻化している。経済成長に伴いファストフードや炭酸飲料など脂質や糖分を多く含む食品が生活に入り込む一方、ゲームや車の普及で運動量が減少したことが原因だ。子供の肥満は成人後の糖尿病や心疾患につながり、医療費増加という社会的コスト増もはらむ。中国では子供向けのダイエットキャンプや入院がビジネスとなり、メキシコは「ソーダ税」を導入するなど、肥満撃退策も出始めている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン