/

この記事は会員限定です

(地域金融 列島発)基幹システム、NTTデータが勢力拡大

山陰合銀など採用

[有料会員限定]

東日本銀行は2019年1月、山陰合同銀行は19年度下期から20年度上期に、預金などを管理する基幹系システムをNTTデータの製品に切り替える。NTTデータは同一のソフトを基に複数の基幹系システムを構築し、地方銀行などに拡販してきた。兄弟関係にある基幹システムを使う銀行は4グループ・39行に増え、多数派を形成する。IT(情報技術)を使って金融の利便性を高めるフィンテックのサービス開発でも影響力が強まる可能性がある。

東日本銀は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り439文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン