/

この記事は会員限定です

投信市場の主役・海外REIT型、減配の波

最大商品動く 元本取り崩し限界

[有料会員限定]

海外の不動産投資信託(REIT)で運用する投信で、分配金を相次ぎ引き下げる「減配ドミノ」が起きている。15日にはフィデリティ投信が最大の公募投信「USリート」を減配すると発表した。米国のREIT市況が停滞するなか、過度な分配金で元本を取り崩す現在の状況を見直す。他の投信にも同様の動きが広がる可能性は大きく、個人マネーの流出を危惧する声が広がっている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り964文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン