/

この記事は会員限定です

熊本への思いから 歌人 水原紫苑

[有料会員限定]

父の郷里は熊本である。

阿蘇の外輪山のすぐ外側の町で、私も何度か行ったが、自然が豊かで、大げさに言えば桃源郷のような美しいところである。

父の実家の本家は造り酒屋だったが、水が澄んで、いかにもお酒を造るのにふさわしい。見渡す限り雄大な阿蘇山で、家のすぐそばを白鷺(しらさぎ)の飛ぶ川が流れていた。

人の気風も南国らしく大らかだ。

父の昔話には、暗いことが一つもなく、よく、家の櫓(やぐら)に上がって大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン