/

この記事は会員限定です

進化する生物模倣(8)吸盤でピタッ 荷物運び楽々

[有料会員限定]

ロボットは決まった形のものは正確に持ち運ぶが、様々な大きさや形のものをつかむのは難しい。関西大学の高橋智一准教授はタコの吸盤をヒントに、この欠点の克服に取り組む。色々な形をした荷物を持ち上げて箱に詰めるロボットに応用するのが目標だ。

研究室でタコを飼い、吸盤の動きや構造をじっくり観察した。タコは吸盤を物体に押しつけて密閉した空間を作る。その後、吸盤の筋肉を動かして空間を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン