/

この記事は会員限定です

汚職など外国企業摘発

強化・緩和で見方割れる

[有料会員限定]

オバマ政権下で米司法省は、海外腐敗行為防止法(FCPA)を米国外で域外適用して次々に企業の汚職を摘発、価格カルテルなど反トラスト法に基づく取り締まりも活発だった。こうした外国企業の不正行為への厳しい姿勢をトランプ氏が転換するかどうかは専門家の見方が割れている。

ライアン・ゴールドスティン米国弁護士は「民主党政権で日本企業に対して非常に厳しかった反トラスト法やFCPA関連の調査は緩和される方向に向か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン