2018年11月17日(土)

米抜きでも価値 米ブルッキングス研究所日本部長のミレヤ・ソリス氏

2016/11/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

TPPの今後について米ブルッキングス研究所のミレヤ・ソリス日本部長が寄稿した。

    ◇

TPPの運命はほぼ決まった。トランプ氏が撤退を公約したからだ。

残された方法は再交渉しかないが、米国抜きになるだろう。残った11カ国は米国がいなくても発効するよう条項を変えるだけでよい。

各国にとって巨大市場米国へのアクセス強化の利点はなくなったが、米国抜きのTPPに価値がないと結論づけるのは早い。大衆迎…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報