/

この記事は会員限定です

パラジウム高値

国際相場、リスク回避緩み資金流入

[有料会員限定]

貴金属のパラジウムの国際相場が上昇基調を強め、約1カ月ぶりの高値水準にある。ニューヨーク市場の先物(中心限月)は日本時間15日夕の時間外取引で1トロイオンス700ドル前後と直近安値の10月下旬と比べて15%高い。米大統領選のドナルド・トランプ氏の勝利を受け、リスク回避の姿勢を緩めた投資家からの資金が流入している。

パラジウムは自動車の排ガス触媒や電子部品など産業向け需要が中心。10月以降は需要の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン