/

この記事は会員限定です

「貼るセンサー」実用化へ

山形大VB、来年サンプル出荷

[有料会員限定]

山形大学発ベンチャーのフューチャーインク(山形県米沢市)は15日、体に貼って体温や脈拍などを常時計測できる生体センサーを、2017年後半にサンプル出荷すると発表した。地元金融機関やベンチャーキャピタルから1億7700万円の資金を調達、世界初の実用化にめどを付けた。物流用温度追跡管理センサーの開発も進める。

フューチャーインクは有機トランジスタ研究の時任静士教授と熊木大介准教授を中心に今年4月設立。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り393文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン