/

この記事は会員限定です

育児中は…シニアは… 「無意識の偏見」自覚してる?

企業が研修、多様な人材生かす契機に

[有料会員限定]

「育児中の女性に出張は無理」「若手男性社員は家庭より仕事を優先して当然」――。多様な人材を企業経営に生かす「ダイバーシティ経営」が広がるなか、性別や年齢で社員の働き方を決めつける「無意識の偏見」がリーダー層の課題になっている。よかれと仕事を割り振った結果、部下のやる気をそぐことも。ダイバーシティの浸透へ、偏見を自覚させる研修を導入する動きが出てきた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン