2018年10月23日(火)

イスラーム国の黒旗のもとに サーミー・ムバイヤド著
シリア現代史から内戦考える

2016/11/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「イスラーム国」(IS)の軍事的退潮が明らかになっている。シリア側にある「首都」ラッカにはクルド人中心の勢力が進軍を始め、イラク北部のIS最大都市モースルにイラク軍が迫る。いずれもアメリカが支援している。遅かれ早かれISは軍事的には打倒されるだろう。

しかし、シリア内戦にせよイラク国内の対立にせよ、問題はそれで終わらない。世界各地でうごめくISのシンパたちが暴力事件をおこす可能性は、今後も十分あ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報