2019年2月22日(金)

実現会議議員に聞く 短時間でも成果を フューチャー会長 金丸恭文氏

2016/11/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

長時間労働の問題を解決すれば未来が開けるかのような議論があるが、日本が米国や韓国の技術革新に遅れたのは長時間労働だったからではない。労働の量と質の両面から考えるべきだ。人工知能(AI)を持つロボットに労働時間の上限規制は関係ない。人間の力にAIが掛け合わされれば、今より生産性の高い仕事ができる可能性はあるが、人間は短時間でロボットをしのぐ生産性の高い仕事をしないといけない。

産業競争力は自由に働…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

長時間労働の是正とは[有料会員限定]

2016/11/9付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報