2019年6月17日(月)

「もんじゅ」廃炉へ(上)核燃料サイクルは堅持を
国産資源の確保に不可欠 岡本孝司 東京大学教授

2016/11/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本は資源のない国である。エネルギー自給率は5%でほとんどを輸入に頼っている。エネルギーを安定的に確保することは国の基盤だ。

原子力利用の憲法にあたる原子力基本法第1条には、原子力利用は「将来におけるエネルギー資源を確保」するために進めると明記されている。資源小国の日本が、原子力という大きなエネルギー源を積極的に活用し、将来にわたり安定した国家を確立することを目指している。

現在の日本人にとって…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報