邦画アニメ、新作に底力 一般の観客引き込む
戦中の生活徹底調査/フル3D、まるで実写

2016/11/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」が記録的なヒットを続ける中、力のある日本のアニメ作品の公開が相次ぐ。徹底した調査を基に戦時中の暮らしを描いたり、実写に近い現実感のある立体映像を駆使したり。固定ファンがいる定番シリーズを除くとヒットは難しいとされてきた状況に変化の兆しが出てきた。

12日に公開される「この世界の片隅に」の主人公は太平洋戦争中、広島から呉に嫁いできた18歳のすず。生活は厳…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]