/

この記事は会員限定です

近鉄、金沢都ホテル建て替え

地方都市で改装加速

[有料会員限定]

近鉄グループホールディングス(HD)は運営する金沢都ホテル(金沢市)を建て替える方針を固めた。同社は「インバウンド(訪日外国人)・観光」と「あべのハルカス」「不動産」の強化を掲げている。大阪市内や伊勢志摩でホテルを新設・改装をしてきたが、訪日客など安定した宿泊需要が見込める金沢などで建て替えを進めて収益力を高めていく。

金沢都ホテルは金沢駅前に立地する金沢市で最初の都市型ホテル。1963年の開業で191室。昨年の北陸新幹線の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン