/

この記事は会員限定です

シニアの民泊提供広がる

「3K不安」解消に一役

[有料会員限定]

兵庫県の淡路島で一人暮らしする高橋栄子さん(仮名、82)は、数年前に夫を亡くしたのをきっかけに、自宅の空き部屋を他人に貸して収入を得る民泊を始めた。大きな美しい庭でゆったりとバーベキューができるのが人気で、週末は予約で一杯になる。

近隣の神戸や大阪から20代の会社員や学生のグループ、30代子連れファミリーが多く利用している。高橋さんは「特におもてなしに大きな気を使っているわけではなく、年齢に関係な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り582文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン