/

この記事は会員限定です

海運 遅れた再編(上) 欧州・中国の連合に焦り

コンテナ船3社統合 日本勢、傍観2年で地盤沈下 ようやく重い腰

[有料会員限定]

日本郵船商船三井川崎汽船の海運大手3社が主力のコンテナ船事業の統合を決断した。海運市況の低迷で各社の業績が厳しくなるなか、海外大手はM&A(合併・買収)を繰り返して経営規模を拡大してきた。地位低下に危機感を覚えた日本勢がようやく重い腰を上げた格好だが、空白の2年を取り返すのは容易ではない。

「海外の大手と戦うためには運航規模を高める必要がある」(村上英三・川崎汽船社長)

「筋肉質のオールジャパンによる会社が誕生する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン