2018年12月16日(日)

早大グローバルソフトウェアエンジニアリング研 未来の開発者育成探る

2016/11/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界を席巻するような日本発のソフトウエアを生み出すには何が必要なのか。世界的な基準から客観的に日本のソフトウエア製品やその開発現場、人材を評価し、国際競争力を高めようと、早稲田大学が2010年に開設したのがグローバルソフトウェアエンジニアリング研究所だ。

「日本は優れた技術を持ちながら世界のスピードに追いつけていない」。早大理工学術院の教授で同研究所所長の鷲崎弘宜氏は日本のソフト開発の課題をこう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《ビジョン》鷲崎弘宜所長[有料会員限定]

2016/11/2付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報