2018年7月17日(火)

海外「留職」リーダー育成 クロスフィールズ創設者 松島由佳さん

2016/11/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 新興国で社会問題に取り組む若者を、国内の企業や団体から送り込む――。こうしたユニークな人材育成に取り組むのが、NPO法人クロスフィールズの「留職」プログラムだ。松島由佳さん(31)が25才のときに知人と創設して以来、これまで累計100人以上を新興国に送り出してきた。若手社員のリーダーシップ育成にも効果がある。

 きっかけは大学在学中、カンボジアで子供の人身売買を防ぐNPO法人でのインターンを経験し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報