/

この記事は会員限定です

働き方、欧州と彼我の差

日本、生産性向上は遠い道 欧州総局長 大林尚

[有料会員限定]

働き方改革は安倍晋三首相が「腕まくりをして取り組む」最優先の課題だ。首相は「アベノミクスの第三の矢、構造改革の柱だ」とも語っている。働き方のどこをどう変えるのか。政府は欧州を引き合いに、いくつかの目標を掲げた。

例えば正社員の6割にとどまっている非正規社員の時間給を7~8割に高め、その差を「欧州諸国に遜色ない水準」に縮める。週に49時間以上働く人が「日本は2割、欧州は1割」という現状も問題視して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1890文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン