/

この記事は会員限定です

進化する生物模倣(5)スポンジ構造、通信網に応用

[有料会員限定]

海底の岩にいる海綿はスポンジのような体で、表面には穴が多数開いている。胃や腸といった消化器、えらのような呼吸器、神経や筋肉もない。そんな原始的な生物の能力が「インターネット社会で役立つのではないか」。海洋研究開発機構の椿玲未ポストドクトラル研究員はこう考えて研究に取り組む。

海綿は体中に海水の通り道がある。その水路を通ってエサや酸素がすべての細胞に行き渡る。周囲に色水をまくと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン