/

この記事は会員限定です

グローバリゼーションと反動(3)世界経済の統合、19世紀と類似

京都大学准教授 柴山桂太

[有料会員限定]

グローバリゼーションは過去に何度も起きていますが、現代とよく比較されるのは19世紀のそれです。1820年代から1914年にかけて世界経済の統合はかつてない水準に達しました。歴史家はこの時代をグローバリゼーションの「第1期」と呼んでいます。

背景に蒸気船や鉄道、電信など輸送通信技術の革新があったのは確かですが、それだけではありません。

例えば通商条約です。19世紀半ばに自由貿易の旗振り役だった英国を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン