/

この記事は会員限定です

グローバリゼーションと反動(2)

保護主義台頭で崩壊の歴史 京都大学准教授 柴山桂太

[有料会員限定]

グローバリゼーションという言葉が使われるようになったのは1990年代からです。しかし、モノ・カネ・ヒトが国境を越えて活発に移動する現象それ自体は、古くからあります。

グローバリゼーションの起源については諸説あります。経済史家のフリンと米パシフィック大のヒラルデス教授は、大航海時代に着目しています。スペインがマニラを建設し、大西洋から太平洋まで一つの交易ルートで結ばれた1571年がグローバリゼーショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン