音楽家 杉山清貴(4) ボディボード

2016/10/27付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

「楽しいぜ。ハワイによく行くんだから、やってみなよ」。バックバンドでキーボードを弾いていた同年代のミュージシャンに薦められたのが、ボディボードだった。1980年代末、僕が30歳のとき。「大きいビート板だろぉ!」と口で小ばかにしながら、こっそりやってみた。結果、ずっぽりとはまってしまった。

僕の人生は海を中心にまわり始める。服装はサーフ系に。移動中に読む雑誌はギターマガジンからサーフィン誌に。その…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]