/

この記事は会員限定です

小中学生支援の効果を測定

横浜市の事業を明治大

[有料会員限定]

横浜市は家庭環境に問題を抱える小中学生の支援に、新たな評価手法を取り入れる。児童・生徒を手助けする市内の民間事業者の支援事業を、明治大学が数値的に評価し、効果を測定するモデル事業を31日から始める。成果を今後の支援事業に生かす考えだ。

モデル事業は社会福祉法人のたすけあい ゆい(横浜市)が南区で運営するコミュニティーサロン「おさん」で、2017年度末まで実施する。家庭内暴力やいじめ、不登校などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン