/

この記事は会員限定です

米の個人資産運用に学ぶ 低コスト投信を積極的に

確定拠出年金でも主軸

[有料会員限定]

個人金融資産残高が10年前に比べて米国で6割増えたのに対して日本では1割増にとどまる――。投資信託を中心とする運用収益の違いが日米間格差の主因だ。注目すべきは米国の投信市場で加速する3つの変化。(1)年金制度を通じた個人マネーの流入(2)手数料の引き下げ(3)投資家目線の販売改革――だ。

9月下旬。米ペンシルベニア州フィラデルフィア郊外の小さなホテルに全米から200人強の個人投資家が集まった。同州...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン