2019年1月24日(木)

王子「ポスト炭素繊維」量産
植物由来の新素材「CNF」 車・航空機・有機EL向け、開発競争が加速

2016/10/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

王子ホールディングスは「ポスト炭素繊維」とされる植物由来の新素材、セルロースナノファイバー(CNF)を2017年後半から量産する。自動車や航空機、有機ELのディスプレー部材向けの採用を目指す。日本製紙や大王製紙など製紙各社がCNF量産設備の導入を決めており、用途開発が加速しそうだ。

王子は年間25万平方メートルの透明シートを生産する設備を国内工場に導入する。導入先は非公表。約20億円を投じ、既存…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

セルロースナノファイバー(CNF)とは[有料会員限定]

2016/10/25付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報