/

この記事は会員限定です

個人型DC、期待の商品は

[有料会員限定]

退職時など目標時期を決め、年齢とともに低リスク資産の比率を高めていくターゲットイヤー型投資信託が花盛りだ。楽天投信投資顧問や損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントなど設定が相次ぐ背景には個人型の確定拠出年金(DC)がある。

米国でDCが普及したのは「ターゲットイヤー投信が適格商品に認められたこと」(ドイチェ・アセット・マネジメントの藤原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン