室生犀星「抒情小曲集」 金沢市
ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの

2016/10/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

室生犀星にとって、生まれ故郷の金沢は、抒情(じょじょう)詩のふるさとでもあった。1918年(大正7年)に刊行され、詩壇に大きな衝撃を与えた第二詩集、「抒情小曲集」でも、多くの詩の舞台となった。

「うつくしき川は流れたり/そのほとりに我は住みぬ/春は春、なつはなつの/花つける堤に座りて/こまやけき本のなさけと愛とを知りぬ」

「犀川」と題された詩の一節からは、郷土の美をたたえる率直な心が読みとれる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]