/

この記事は会員限定です

中国経済「安定」の幻影 7~9月も6.7%成長

公共投資・不動産・借金 習氏主導、深まる依存

[有料会員限定]

【北京=原田逸策】中国の2016年7~9月期の国内総生産(GDP)は物価の変動を除いた実質で前年同期比6.7%増だった。成長率は1~3月期から3期連続で同じ水準で、減速が続いた中国経済は表面上は安定している。ただ、その裏側で公共投資、不動産、借金に依存した経済はむしろゆがみを深めている。過剰な生産設備の廃棄などの構造改革も先送りされかねない。(関連記事国際1面に)

「全体的に安定し予想より良かった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン