/

この記事は会員限定です

個人型DC 受給に一工夫

控除枠超すと課税/分割方式有効

[有料会員限定]

来年1月から加入対象者が大幅に拡大する個人型確定拠出年金(DC)。掛け金を預貯金や投資信託などで運用し、成績次第で老後の年金が変わる。掛け金の拠出時、運用時、受給時それぞれに税制優遇があり老後資金づくりには最優先で使いたい制度だ。ただし勤務先からの退職金などが多いと、個人型DCの受給時に大きな税金がかかる場合があることはほとんど知られていない。お得な受給方法を考えた。

個人型DCは2001年の導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン