2019年1月22日(火)

進化する生物模倣(3)すいすいサメ肌、部品に応用

2016/10/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

サメの皮膚は小さな歯のようなうろこで覆われている。うろこは頭から尾にかけて規則正しく並んでおり、泳ぐときに水をスムーズに流す効果がある。この性質を応用した「サメ肌水着」は2000年ごろに競泳用で一世を風靡した。

ルールの変更などでサメ肌水着は消えた。日立製作所は別の目的でサメのうろこにこだわる。X線を使う特殊なコンピューター断層撮影装置(CT)でうろこを観察。その形状や機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報