/

この記事は会員限定です

キリン、急がば回れ クラフト強化でまず「個性」

米社に2割超出資、シェア拡大へ仕込み

[有料会員限定]

キリンビールは12日、米クラフトビール製造のブルックリン・ブルワリー(ニューヨーク州)に24.5%出資すると発表した。日本での合弁生産・販売で合意していたが、本体に資本参加し成長著しいクラフトビールで商機をつかむ。出資額は数十億円と小さいが、「個性」を磨き、成熟市場でも存在感を高められる起爆剤にする。

「品質にこだわる企業と組み、クラフト文化をつくりたい」。キリンの布施孝之社長は記者会見し、提携...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン