/

この記事は会員限定です

親のがん 子供をケア

不安軽減へ支援の輪  病気、紙芝居などで解説

[有料会員限定]

自分や配偶者ががんになったら子供にどう伝え、どう接すべきか――。親が闘病生活を送る子供のケアを支援する取り組みが広がってきた。子供の気持ちに寄り添い、年齢に応じて病気の知識や治療内容を伝える。親の闘病で感じるストレスや不安を軽減するのが狙いだ。

「抗がん剤は点滴を使います。痛くないんだよ」。スタッフの呼びかけで5~10歳の子供が人形に点滴を打った。

NPO法人「Hope Tree」(東京・目黒)が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン