最低生活保障 欧州で社会実験へ
福祉の切り札か、財源バラマキか 導入の是非議論

2016/10/11付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

政府がすべての国民に最低限の生活を送るのに必要なお金を無条件で定期支給する「ベーシックインカム(BI)」。オランダやフィンランドで、将来的な導入もにらんだ社会実験が2017年から相次いで始まる見通しだ。次世代の社会福祉の"切り札"か。それとも財源の"バラマキ"か。賛否が割れ、論争を呼んできたBIの効果検証に欧州が動き出す。

4つの都市が17年初めからの社会実験を目指すオランダ。主導役のユトレヒト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]